椿くにじ 公式ブログ まちづくりの即戦力

<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧  

叙勲をお祝いする会へ  

高校の大先輩である方が、叙勲されたのでお祝いの会へ参加してきました。

医療・福祉関係での永年の功績にたいしての「旭日双光章」受章

日本の勲章は・・・と疑問に思い調べてみると・・・
○大勲位菊花章
大勲位菊花章頸飾 - 大勲位菊花大綬章
○桐花章
桐花大綬章(勲一等旭日桐花大綬章)
○旭日章
旭日大綬章(勲一等旭日大綬章) - 旭日重光章 - 旭日中綬章 - 旭日小綬章 - 旭日双光章 - 旭日単光章
○瑞宝章
瑞宝大綬章 - 瑞宝重光章 - 瑞宝中綬章 - 瑞宝小綬章 - 瑞宝双光章 - 瑞宝単光章
○宝冠章
宝冠大綬章 - 宝冠牡丹章 - 宝冠白蝶章 - 宝冠藤花章 - 宝冠杏葉章 - 宝冠波光章
○その他
文化勲章 - (金鵄勲章)

現行22種の勲章は菊花章、桐花章、旭日章、瑞宝章、宝冠章および文化勲章に大別される。菊花章(大勲位菊花章)と桐花章(桐花大綬章)は、「旭日大綬章又は瑞宝大綬章を授与されるべき功労より優れた功労のある者」に対して特に授与することができるものとされる。旭日章、瑞宝章は「国家又は公共に対し功労のある者」に授与され旭日章は「社会の様々な分野における功績の内容に着目し、顕著な功績を挙げた者」に、瑞宝章は「国及び地方公共団体の公務又は…公共的な業務に長年にわたり従事して功労を積み重ね、成績を挙げた者」に授与する。宝冠章は「特別ノ場合婦人ノ勲労アル者」に授与すると定められている(宝冠章及大勲位菊花章頸飾ニ関スル件1条1項)。宝冠章は現在、外国人に対する儀礼叙勲や皇族女子に対する叙勲など特別な場合に限り運用されている。文化勲章は「文化ノ発達ニ関シ勲績卓絶ナル者」に授与される(文化勲章令、文化勲章受章候補者推薦要綱)
c0086433_1355029.jpg

[PR]
by tsubakik | 2010-02-25 01:35

政経懇談会21へ出席〜日米関係のトゲと教訓  

政経懇談会21の今回の講演は、元外務省の堀口松城氏による「日米関係のトゲと教訓」と題して、日米関係を軸とする日本外交の歴史からあり方までお話しいただいた。

1,日露戦争における日本勝利後の日米関係
1)米の極東進出までの経緯
2)日露戦争後の日本の変化と米の対日警戒心
3)当時の日便対立回避のために南画出来たか?

2,第一次大戦と戦間期における日米関係
1)二十一箇条要求〜害のみ多く益なき外交の好例、米の対日不信
2)第一次大戦の世界史的意義の認識不足
3)ワシントン会議1921とロンドン軍縮会議1930〜米による日本進出の抑制
4)大恐慌1929と世界のブロック経済化
5)露溝橋事件、日中事変1937〜日米関係悪化
6)対日経済制裁の強化 米経済制裁に夜日本追い込みとじり貧
7)日独伊三国同盟締結1940,4 米は対日開戦を決意

3,日米交渉と開戦
1)米の交渉ポジションを決定的に強めた日本の暗号解手段は国際的違法行為!
2)スティムソン陸軍長官
3)ハル回顧録に見る真珠湾攻撃の予測
4)真珠湾攻撃の事前情報
5)日米戦争は避け得たか?避け得たとすればそのシナリオは何か?

4、太平洋戦争はいかに闘われたか?
1)日本軍の戦略、戦術の残虐性
2)米軍側の国際法違反行為 ジョン・ダワー「容赦なき戦争〜太平洋戦争における人種差別」
3)原爆投下の政策決定過程 ガール・アルペロヴィッツ「原爆投下の決定とアメリカの神話の形成」
4)米の1995の世論調査:男74%、女47%が原爆投下支持

5、米占領が戦後日本の政治外交に与えた影響
1)米の「日本を再び米の脅威にさせない」ための改造政策の成功
2)親米的政府と親ソ・中的かつ反米的野党の間の妥協なき対立で建設的合意困難
3)戦後の領土問題の全てに米の「責任問題」が関与
4)対ソ関係、中国、韓国との悪関係も米の意向が大きく関与
5)米占領に由来する国内的、外交的閉塞を打破する方策は何か?

6、現代史における「トゲ」と教訓
1)ニクソン政権下、2つのショック(ニクソン訪中、ドル防衛政策)
2)湾岸危機時のの対応 ソ連崩壊による日米同盟の価値低下
3)貿易経済摩擦 構造協議、米経済支援のための低金利政策がバブルと崩壊の原因
4)ミャンマーを超親日国から親中国にしてしまった米の対日圧力
5)鳩山政権による普天間基地合意の見直しの持つ危うさと対応策?
[PR]

自民党区議連協全議員研修会  

毎年恒例の自民党区議連協全議員研修会が箱根湯本温泉ホテルおかだで開催されましたので参加してきました。
今年は谷垣禎一総裁と中川雅治参議院議員の講演。

第一部谷垣禎一総裁
「参議院議員選挙必勝に向けて」
平成22年度綱領に基づき所信を語り、政治とカネの問題からなぜ自民党の支持率があがらないのかまで民主党政権の問題指摘から自己批判も含めて語る。


第一部
中川雅治参議院議員
「今後の政治経済を語る」
外国人参政権問題夫婦別姓問題日教組と民主党の政策対比(あまりにも同じ政策)日本人の誇りを求め、財政政策の問題と日本経済を語る。
c0086433_1433663.jpg

[PR]

ネットで流行る「謎の鳥」?  

ーネットで流行る「謎の鳥」ー

日本には謎の鳥がいる。正体はよく分からない。

中国から見れば「カモ」に見える。

米国から見れば「チキン」に見える。

欧州から見れば「アホウドリ」に見える。

日本の有権者には「サギ」だと思われている。

オザワから見れば「オウム」のような存在。

でも鳥自身は「ハト」だと言い張っている。

それでいて、約束をしたら「ウソ」に見え

身体検査をしたら「カラス」のように真っ黒、

釈明会見では「キュウカンチョウ」になるが、

実際は単なる鵜飼いの「ウ」。

私はあの鳥は日本の「ガン」だと思う。

作者不詳

人の事をとやかく言うのは好きではないが、このままでは本当に日本はダメになってしまう!
普天間基地問題、子供手当問題、政治とカネの問題・・・・・様々問題はあるが、
なんと言っても外国人参政権の問題が最も現政権の危うさを象徴している。
与党内の一部の思想派勢力が日本の未来を噤んでいるようだ!!
[PR]

蔵園経友会にて講演!  

中小企業支援異業種交流会蔵園経友会にて講演させていただきました。

テーマ:一期一会〜茶の湯を通じた出会いの数々〜

現在は建築家と政治家の二つの仕事を持ち活動しておりますが、その二つを繋ぐように茶の湯の活動も大きなウエイトをしめていることなどお話しいたしました。

茶経の文献から婆娑羅大名佐々木道誉の闘茶から侘び茶・千利休以降、幕末、明治維新の動乱期あたりまでの茶道の歴史の話から始まり、建築家そして政治家になったきっかけを作った人物など、一期一会の出会いのエピソードをなどもご紹介。



以下蔵園経友会案内より
第123回定例会のお知らせ
拝啓、初春の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
2月の講師は、社団法人 茶道裏千家淡交会青年部全国委員会委員長 椿 邦司様をお呼びしております。今回は、茶の湯を通じた出会いにつきましてご講演いただきます。椿様は、高校卒業後単身渡米、アメリカでの経験から建築デザインの世界へ、そして海外での生活の中で逆に日本文化に興味を持ち茶道・華道をはじめ能楽にも関心をお寄せになりました。
現在は椿建築デザイン研究所代表として建築・インテリア・家具の設計を中心に居心地のいい空間を創り続けております。また、2007年より東京都北区議会議員として区政に関わり、まちづくりや環境、教育をメインテーマに活動しております。多彩な活動の原動力と豊富な人脈を如何にして作り上げてこられたかを、熱く語っていただきます。

題  講師: 椿 邦司 様
演題: 一期一会 〜茶の湯を通じた出会いの数々〜


主な所蔵団体・役職等

有限会社 椿建築デザイン研究所 代表取締役 http://www.t-a.co.jp
東京都北区議会議員(自民党)
http://www.kita-jimin.jp/tsubaki/
(社)東京建築士会会員
東京商工会議所北支部評議委員
(社)東京青年会議所元北区委員会委員長
NPO法人北区地域情報化推進協議会元理事
王子間税会常任理事
NPO法人紀州熊野応援団会員

※時間が19:00からになりました。ご注意ください。
■参加費  6,000円(消費税込)
■日時   2月8日(月曜)
   19:00受付 19:20勉強会 20:30交流会  21:30終了
■場所   〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-2-3 ニユートーキヨー本店9F ラ・ステラ
/  地図 /地下鉄銀座駅C1出口 徒歩0分 
JR有楽町駅銀座出口 徒歩5分 
地下鉄有楽町線有楽町駅A4出口 徒歩5分 
      
■会場TEL 03-3572-2525
http://www.newtokyo.co.jp/honten/honten_9/9f-2.htm
[PR]
by tsubakik | 2010-02-08 23:36

椿くにじ後援会初詣バスツアー開催!  

毎年恒例の椿くにじ後援会初詣バスツアーを2月7日開催いたしました。

今年は伊香保水澤観音の予定でしたが、大雪のため初詣場所を高崎達磨寺へ急遽変更して午後の参拝としました。

行きのバスの中では、現在裏千家淡交会青年部が取り組んでいる「わたしの一碗」運動の実践のためにお抹茶用意をしてきてくれて、急遽バスの通路の補助椅子使いお点前させていただきました。

こんな点前で怒られそうですが、車中は和やかな雰囲気となり一日楽しい日帰りツアーとなりました。

c0086433_3543011.jpg
c0086433_3544298.jpg
c0086433_355043.jpg
c0086433_3572166.jpg

[PR]

初茶会2010  

毎年恒例の関東第一地区の「初茶会」が1月31日東京美術倶楽部で開催されました。

2010年は青年部設立60周年の記念すべき年でもあり、青年部活動の原点を見つめ直し更なる歩みをすべく、白をベースにした道具組と檜の白木でオリジナルの立礼席を作り気持ちも新たな空間を設えました。

またこの三月には全国大会もあり、それに先立ち「わたしの一碗」運動が全国で展開中ですので、待合には日本伝統文化を伝えるために企画された飯盒を茶箱に見立てた「BASARA」シリーズのセットを展示(1月28日パリ・3月4日銀座にて発表)して、「わたしの一碗」運動の紹介もさせていただきました。

お茶席にお越しいただきました皆様はもちろん、お手伝いいただきましたスタッフに心から感謝いたします。

会記
床 坐忘斎お家元筆 扇面「丹頂舞九天」
花 季のもの
花入   飴釉筒花入 加藤隆生 造
棚 白木  青年部手づくり
釜   鶴首釜 高橋敬典 造
水指  白磁 無釉焼締   黒田泰蔵 造
薄器  白萩 銘「白苔」 浅井竜介 造
茶杓   福田正孝 作  銘「時の流れ」
茶碗  桃瓷 青木良太 造
 替 白磁釉彩高杯「朝ぼらけ」  福本双紅 造
建水  根来   十時啓悦 造
蓋置  銅 漆焼き 田巻奈菜 造
菓子  ムラング・フレーズ トシ・ヨロイヅカ 製
菓子器  沢栗銀山盆 村瀬治兵衛 造
c0086433_373323.jpg

[PR]


カテゴリ

全体
すべてのカテゴリの記事を表示します
北区議会
北区議会に関する記事です
定例会報告
北区議会定例会に関するご報告です
委員会報告
北区議会委員会に関するご報告です
地域活動
椿くにじの地域活動に関する記事です
政務調査レポート
政務調査のご報告です
お知らせ
街頭演説や講演会等のお知らせです
その他
上記カテゴリ以外の記事です
未分類 カテゴリ未分類の記事です

北区議会記録はこちらから(椿くにじの発言一覧)
北区委員会記録はこちらから(椿くにじの発言一覧)
過去の地域活動はこちらから
過去の政務調査レポートはこちらから


ブログメニュー

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
北区自民だより(個人版) 椿くにじのプロフィール 椿くにじの政策 活動報告 北区政の課題 区政報告会