椿くにじ 公式ブログ まちづくりの即戦力

カテゴリ:お知らせ( 51 )  

サステナブル都市とは・・・  

環境の良さと経済の活力を両立させるサステナブル(持続可能な)都市はどこか?
日本経済新聞の調査評価によると、東京都武蔵野市が一番らしい。

2007年の調査では1位三鷹・2位武蔵野市が今回逆転して、1位武蔵野市。

目立ったところでは前回47位の鎌倉市がいきなり4位。名古屋市も65位から7位。

全国783市に調査票を送付して、「環境保全」「経済・財政力」「暮らし」の三分野で総合評価される調査システム。

我が北区はいったい何位だったのだろうか?
[PR]

住宅「CO2ゼロ」義務付け〜EUの決意!  

欧州連合EUは2021年以降新築する住宅やオフィスビルなどについて原則として、二酸化炭素(CO2)を実質的に排出しない「エコ建築物」とするよう義務づける規制を導入すること決定した。

建築物はEU区域内のCO2排出量の約40%を占めるため、抜本的な対策が必要と判断しての決定であり、日本の住宅政策にも大きな影響が与えそうである。

エコ建築物は太陽光パネル、地熱発電、風力発電の設備を設置し、高気密高断熱使用であり、給湯や省エネ照明など多義に渡る仕様が含まれるため、補助金や低利融資、技術開発などまだまだ検討事項が多く含まれている。

EUでは建物にエコ証明書の発行義務付けも検討しており、対策効果で1家庭あたりの年間エネルギー料金を約300ユーロ(約3900円)削減できると試算し、建設産業の活性化効果も見込んでいる。
[PR]

「Green Mobility」自転車生活と人と地球の応援マガジン  



「Green Mobility」〜自転車生活と人と地球の応援マガジンという雑誌がある。

すでにVol.6号を発行しており、今回はデンマーク・コペンハーゲンの自転車事情を特集していた。
コペンハーゲンはヨーロッパの中でも特に自転車文化が進んでおり、行政・建築・デザイン・ファッションの面から自転車とエコ事情を詳しく伝えている。

コペンハーゲンは通勤通学のなんと37%の人が自転車を利用しており、ここ10年で7%増加して、将来的には50%を目指しているとのこと。

そのために以下3点を挙げている。
1.自転車専用道路の整備
2,駐輪場の整備
3,子供への教育

詳しくは記事紹介をご覧ください。
c0086433_4301014.gif
[PR]

ベタープレイスとは?バッテリー交換式電気自動車  

「世界初公開!!バッテリー交換型電気自動車」の見出しに早速横浜の会場を訪れてみました。

これはイスラエル人のベンチャー企業家シャイ・アガシ氏が2007年10月に創業した「ベタープレイス社」の企画イベントであります。

ベタープレイスは、ベンチャーキャピタルから2億ドルの出資を得て、2007年10月に創業しました。さらに創業後半年のうちに、イスラエルとデンマークの交通インフラを石油ベースから再生可能エネルギーベースに転換する計画を発表しました。
ベタープレイスの事業モデルによれば、携帯電話サービスと同様に、消費者が電気自動車を利用する際に、定額サービスとして契約します。自動車メーカーが電気自動車を製造し、その電気自動車はベタープレイスの充電設備とバッテリー交換施設のネットワークで充電します。ベタープレイスが電池を所有することで、消費者が電気自動車を買いやすく、また充電しやすくなります。
こうして石油を使用せずに、誰もが電気自動車を利用できる持続可能なサービスへと転換します。当モデルを有効に機能させることで、人類を希望に満ちた未来へと導くのです。(ベタープレイスについてHPより

京都議定書では90年比6%の削減目標を挙げ、現在比では14%になる。(先般発表した数値目標が15%)現在全CO2排出量の内車から発生するCO2が14%であるため、仮にこれを全て電気自動車に移行するば一機に解決する計算である。

ちなみにイスラエルは今後ガソリン車に78%・電気自動車には10%課税し、デンマークは80%・0%と国を挙げて電気自動車の普及に力を入れることを宣言している。

今後日本での計画では、全CO2排出量の3%をしめるタクシーへの導入を計画している。タクシーの年間ガソリン経費は約100万、それを電気自動車にすることで約15万となる。
またLPGステーションの耐久年度30年がここ数年で立て替えを迎えるため電気自動車へ移行をもくろんでいる。タクシーは全車台数の2%であるが、走行距離で計算すると20%となる。
環境問題改善としては大きな試みになる。

今後のベタープレイスの動きに注目していきたい。



c0086433_973530.jpg
c0086433_974674.jpg
c0086433_981285.jpg
c0086433_982430.jpg
c0086433_98372.jpg
c0086433_991596.jpg
c0086433_993653.jpg
c0086433_995240.jpg
c0086433_9101124.jpg

[PR]

小規模水力発電が面白い!  

最近新聞やメディアでもよく取り上げられる記事に小規模水力発電があります。

自然エネルギー(再生可能エネルギー)が注目されている昨今、特に環境負荷が少なく効率的なものが小規模水力と言われております。

様々なタイプの小規模水力発電機器があるなか、2008年東京都ベンチャー技術大賞に輝き石原晋太郎都知事が気に入って韓国の国際会議までデモモデルを持ち込みPRしたというシーベルインターナショナルの水力発電機ストリームを視察してきました。

通常の機器は一個の羽が回転しているのに対して2枚の羽が回転することにより電力が2倍発生するタイプ。

一台700万から1400万程度するとのことではあるが、今後コストとデザイン性が考慮されれば、電力発生量からして普及が期待される可能性は大といえます。

さらに小規模となるとマイクロ水力発電として、富山県立大学瀧本裕士助教授らがすすめているらせん水車式などはまったく昔の用水路の発想でコストが掛からずできるタイプとして面白い取り組みでもある。

マイクロ水力発電導入ガイドブック




c0086433_8301950.jpg

[PR]

プラズマガス化発電施設って?  

プラズマガス化発電溶融施設
c0086433_33478.jpg

[PR]

エコ・アクション・ポイントとは?  

エコ・アクション・ポイントを紹介。

エコ・アクション・ポイント公式サイト
c0086433_3271447.jpg

[PR]

環境モデル都市提案書  

地域活性化統合本部会合の環境モデル都市 提案リスト
環境モデル都市提案書

たとえば・・・
北区省エネ都市生活スタイルへの転換

横浜市 地の共有・選択技の拡大・行動促進による市民力発揮で大都市型ゼロカーボン生活を実現


c0086433_3215290.jpg

[PR]

IDOステーションとは?  

IDOステーションの取り組み紹介。

IDO Station
[PR]

おひさまファンドとは?  

おひさまファンドの取り組み紹介。

以下関連サイト紹介
おひさま進歩エネルギー株式会社

おひさまエネルギーファンド株式会社

エネジーグリーン

備前グリーンエネルギー株式会社

環境エネルギー政策研究所

自治体グリーン政策の窓

グリーンエネルギー購入フォーラム

自然エネルギー政策ポータルサイト

みんなのグリーン電力
c0086433_35408.gif

[PR]


カテゴリ

全体
すべてのカテゴリの記事を表示します
北区議会
北区議会に関する記事です
定例会報告
北区議会定例会に関するご報告です
委員会報告
北区議会委員会に関するご報告です
地域活動
椿くにじの地域活動に関する記事です
政務調査レポート
政務調査のご報告です
お知らせ
街頭演説や講演会等のお知らせです
その他
上記カテゴリ以外の記事です
未分類 カテゴリ未分類の記事です

北区議会記録はこちらから(椿くにじの発言一覧)
北区委員会記録はこちらから(椿くにじの発言一覧)
過去の地域活動はこちらから
過去の政務調査レポートはこちらから


ブログメニュー

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
北区自民だより(個人版) 椿くにじのプロフィール 椿くにじの政策 活動報告 北区政の課題 区政報告会