椿くにじ 公式ブログ まちづくりの即戦力

カテゴリ:北区議会( 37 )  

Twitterと政治α  

最近Twitterを始めました。
ただ今ひとつ使い方がわからないところで、Googleで使い方をしらべていたら、こんなサイトを見つけました。

ツイッターと政治α

日本の政治家@24oclocks.com

c0086433_124763.jpg

[PR]

最新の選挙戦術から学ぶ企業のPRマネジメントとは?  

東京商工会議所北支部主催のセミナーで、選挙プランナー三浦博史氏をお招きして、選挙戦術から学ぶPRマネジメントのお話を伺った。

1,世論調査と出口調査
2.自民党のオンゴールとさらに票を減らした対民主党ネガティブキャンペーン
3,アナウンス効果とは・・
  ※バンドワゴン(勝ち馬)とアンダードック(負け犬・判官びいき)
4.公明党獲得議席数にみる都議選と総選挙
5.107年ぶりの真夏の選挙・・ 
  ※うちわ型法定ビラ・イケメン・美女・浴衣隊・カラスボーイ・蓄光選挙ポスター
6.選挙事務所にもCSの波
7.2008年米国大統領選挙
  ※オバマ対ヒラリーはマニフェスト型選挙とは全く無関係
8.マニフェスト選挙の嘘
  ※有権者の中で各党のマニフェストを比較した結果、投票した人は何%いたのか?
9.プロパガンダの起源
  ※ナチスのゲッペルスは何から、誰から学んだのか? プロパガンダ大学とは?
10.商業マーケティングと政治・宗教マーケティングの違い
  ※「迎合」から「啓蒙」へ
11.究極のPRは伝道師による熱伝導
  ※ピラミッド型からネットワーク型口コミへ
12.その他 広告代理店の上手な使い方

お話の中で特に・・・・
マニフェストだけでは国は作れない。
メラビアンの法則を知り外観好感度トレーニングが必要である。
政治家はやっていることをPRする義務があり、納税者への責任でもある。
口コミは感動がなければ広がらない。
100%の期待に150%の成果があれば感動がある。
スタンスを変えない、ぶれない、迎合しない。
江戸しぐさに学ぶことが多くある。
「事実」と「真実」を間違えてはいけない。
これからの選挙はインターネットが大きな動きとなる。

などなど多くのヒントがあった。
[PR]

帝国憲法講義〜大学ではできない、社会人のための講座  

有限会社QOL代表の岡村威治氏が主催する「帝国憲法講義」第4回に参加。(全10回シリーズ)
講師は倉山満(国士舘大学講師・憲政史専攻)

今回のテーマは「帝国憲法制定過程と共有された価値観〜天皇は憲法の前にあり、上にある〜」

帝国憲法講義ブログ

帝国憲法と自衛権の見方
c0086433_354431.jpg

[PR]

議員JP.com開設!  

議員JP.com開設されて、インタビュー記事掲載!
c0086433_2562462.gif
c0086433_2571911.jpg

[PR]

佐藤守先生の熱い話〜「我が国の防衛・国土保全の基本・緊急問題」  

軍事評論家で元航空自衛隊空将佐藤守先生の熱いお話し大変興味深く聞かせていただきました。
財団法人国際文化会館にて)
1,講師自己紹介
2,我が国を取り巻く安全保障環境
3,日中安保対話の体験から
4,北京五輪後の周辺情勢
5,今後の予測
6,まとめ
という内容で話が進み、北方領土から竹島・尖閣諸島・チベット・台湾・イラン問題まで多義に渡り、軍事力と国のあり方へなどとても共感できるお話しである。

依然お話しをいただいた田母神俊雄先生も後輩にあたり、一連の事件についてもブログにかけない裏話で2時間があっという間に過ぎていきました。

「力無き正義は無効、正義無き力は圧制!」
「世界の政治は軍事を基礎に動いている!」
「憲法が自衛隊の手足を縛っている!」
「国民の軍事音痴が障害!」
「お人好し日本人よ目を覚ませ!」
「世界の流れを見誤るな!」

最後に
「間接侵略が始まっている!」
と警告を述べて熱いお話しが終わりました。

佐藤守ブログ
田母神俊雄HP
c0086433_4422120.gif

[PR]

椿くにじ区政報告会開催!御礼  

雨にもかかわらず椿くにじ区政報告会2009」に多くの方々にご参加いただきありがとうございました。
お陰様で無事開催されましたこと心より感謝いたします。

当日は望月後援会会長の挨拶に続き、花川輿惣太北区長参議院議員中川雅治先生・自民党東京都連代表代理保阪さんぞう先生・都議会議員高木けい先生にご挨拶をいただき、それぞれに地域と国政・都政・まちづくりなどの思いを語っていただきました。

椿くにじのプレゼン形式の区政報告

第二部は、元デューク更家の一番弟子であったみのわあいさんによる「健康の話&エクササイズ」で盛り上がった。

最後に淡交会の仲間による呈茶と盛りだくさんの区政報告会となりました。

改めてご参加いただきました皆様に感謝申し上げます。

椿くにじ区政報告会2009You Tube
c0086433_495570.jpg
c0086433_410943.jpg
c0086433_4101845.jpg
c0086433_4102846.jpg
c0086433_410396.jpg
c0086433_4104960.jpg
c0086433_411430.jpg
c0086433_4111372.jpg
c0086433_4113011.jpg
c0086433_4114144.jpg
c0086433_4115041.jpg
c0086433_412895.jpg
c0086433_4122853.jpg

[PR]

麻生総理〜高木けい選挙事務所激励訪問!  

麻生総理高木けい選挙事務所に激励訪問!

高木けい都議会議員選挙事務所
北区王子本町1−14−9 トーセンビル
TEL03-5963-4301
FAX03-5963-4302

7月3日(金)12時より事務所開きのご案内
多くの皆様に、激励かたがたご参加いただきますようお願いいたします。
c0086433_1459613.jpg
c0086433_14591696.jpg

[PR]

第二回定例議会椿くにじ個人質問!  

c0086433_22524664.jpg
2009年第二回定例議会 個人質問
2009年6月16日
北区自民党議員団 椿くにじ 

1、環境政策について
1)自然エネルギーの普及について
2)エコポイントと経済効果について

2、少子化対策について
1)安心して生み育てる環境づくりについて
2)一貫した保育・教育の体制について

3、まちづくり政策について
1)木造密集事業の成果と今後の課題について
2)十条西口開発と鉄道立体交差化について


昨年の6月の個人質問より一年間、暖めておりましたテーマ「環境政策」「少子化対策」「まちづくり政策」の大きく3点について質問いたします。

大きく一点目として「環境政策」について2点質問します。
まずはじめに、「自然エネルギーの普及」についてです。

自然エネルギーとは、太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスなど再生可能エネルギーを意味します。自然界の営みによってこれを利用するのと同等以上の速度で再生されるエネルギーのことです。

その中で、国の補助金制度も始まり太陽光発電への関心が高まってきました。
国内の太陽光発電装置は出力平均が3.5キロワット程度で工事費を含む設置費用は約250万程度かかります。売電単価は電気料金と同じ1キロワット時あたり、23〜24円であるので、もとを取るのには30年近い年月が必要となります。
北区でも補助金制度が始まり、ある一定の成果は上がってきているとは聞いております。しかし、さらに太陽光発電を普及させるには売電価格を上げることが不可欠です。少なくても10年程度で回収できる仕組みをつくらなくてなりません。今国会で法案が通れば2010年より現在の2倍程度の1キロワット時あたり50円弱で買い取る仕組みが実施されますので、今後の普及に期待が高まります。

さらに自然エネルギーの中でも、最近特に注目されはじめているのが「小規模水力発電」です。今年3月20日の日経新聞でも「丸紅が小規模水力発電、大手企業で初、5年以内に10カ所」という見出しで、大企業で初めて小規模水力発電事業に参入することが報じられました。小規模水力発電は他の発電方法と比較すると、二酸化炭素(CO2)の排出量が圧倒的に少なく、一定規模の発電量が期待できます。またダムによる水力発電のように大規模な土木工事が必要ないため自然破壊もなく、工期は短期間で済みます。
環境省は全国の小規模水力発電の能力について、2005年の11万キロワットから2020年には163万キロワット、2030年には現在の30倍の302万キロワットへと拡大すると予測しています。

特に我が北区のように南北に長く伸びた高低差のある地形は、まさに小規模水力発電に適した地域と言えます。
簡単にいえば昔の水車をイメージしていただければ分かりやすいかと思います。
想像してみてください!
浮間地区から赤羽・王子・田端と電車を乗り、車窓から水車が見える!「水車のある街北区」などまちづくりの観点から、そして観光的にも大きなインパクトがあるのではないでしょうか?

いま時代は食料もエネルギーも「地産地消」の考え方が見直されております。特に電力は送電ロスが大きく、都市型の太陽光発電や小規模水力などをはじめとした「地産地消」の考え方に基づく、自然エネルギーによるまちづくりを進めることは「環境都市北区」としてのイメージアップにも大きな意味があると考えます。

そこで質問です。
北区での太陽光発電をはじめとする自然エネルギーの現状と補助金制度との関係はどのように変化してきているのか?
また今後の普及計画はどのように計画されているのか?
さらに小規模水力発電など新たな自然エネルギー利用と北区のまちづくりについてはどのようにお考えか?
区長のご見解をお聞かせください。

続いて、「エコポイントと経済効果」について質問します。
本年度4月10日に決定された「経済危機対策」において、エコポイントの活用によるグリーン家電の普及加速が揚げられ、平成21年度補正予算において、環境省・経済産業省・総務省の共同事業として、実施が盛り込まれました。

そんな中6年前より実施されている早稲田・高田の馬場商店街で発行している「アトム通貨」が注目されております。「アトム通貨」とは環境のため、地域のために、「良いこと」をした人にあげる通貨です。鉄腕アトムにちなんで単位は1馬力1円であり、エコバックを持ってきた人に10馬力(10円)、一緒にゴミ拾いをした人に10馬力など、なんでもそれぞれの地域や商店街で思い思いにやり方や使い方が工夫され、環境にやさしく、地域にやさしい街を目指している活動です。
今回のエコポイント制度が、本来の環境面にどれだけ貢献できるのかとの疑問視する声も一方であるのは承知しております。しかし実施が決定した以上、エコポイントが環境意識の向上に役立ち、地元商店街の活性化のためにも北区としてどのような対応ができるのか検討する必要があるはずです。

そこで質問です。
北区としてはエコポイントと地域商品券や地域商店街との連携はどのように計画されているか?
「アトム通貨」などのユニークな発想の新たな視点での環境問題と経済効果・地域活性化効果など検討すべきと思いますが、ご見解をお聞かせください。


続きまして「少子化対策」について二点質問します。
まずはじめに、「安心して生み育てる環境づくり」について質問します。

合計特殊出生率は、2003年に「超少子化」と呼ばれる水準である1.3を下回り、2005年には過去最低である1.26まで落ち込みました。2006年1.32、2007年1.34、2008年1.37とやや回復してきましたが、依然として極めて低い水準となってます。
本来であれば、1947年〜49年の第一次ベビーブーム4.32、1971年〜74年の第二次ベビーブーム2.14に続き、第三次ベビーブームが来てもおかしくないはずです。しかし、残念ながら今時点で第三次ベビーブームは起きておりません。

このまま少子化が進めば、2055年には、我が国の人口は9000万人を下回り、65歳以上の高齢化率が40%に達して、労働力不足、年金や医療、介護費の負担額が増え、社会に与える悪影響が大きくなります。

フランス政府は1990年代初頭、少子化対策に本格的に取り組み始め、出生率は94年の1.66を底に緩やかに上昇をはじめました。 収入に関係なく支給される家族手当は、子供一人の家庭は対象になりませんが、子供二人の家庭は、毎月約117ユーロ(16380円)を国から受け取ることができます。子供が11歳以上になると、額は加算され、20歳まで支給され、三人目からは一人に付き約150ユーロ(21000円)と給付額を増やし、特に子供三人以上の家族に対する優遇措置は、国鉄、地下鉄の運賃割引、美術館、ホテルなどの文化・レジャー施設の料金割引など、生活のすみずみに及んでいるようです。

このほか、所得制限はあるものの、出産手当、三歳未満の子供を対象にした児童手当など約三十種類にも及ぶ手当が用意されております。こうした子育て支援策とは別に、公立であれば、高校までの学費も無料であり、日本などと比べ、教育費の負担がはるかに軽く、子供を産み育てやすい環境になっております。

フランスでは、五十歳未満の女性の約八割が仕事を持っており、出産、育児のために退職を余儀なくされることがないように、充実した育児休業制度が女性の社会進出を支えています。

フランスの事例などでも分かるとおり、少子化対策は国が家族手当・休業手当・育児支援など様々のメニューを用意して「国家の危機」としてとらえて取り組まなければ抜本的な解決にはなりません。もちろん地方行政の役割としてさらにきめ細かな政策を用意して安心して生み育てる環境づくりが必要です。

いま北区では「子育てにっこりパスポート事業」のイメージキャラクターや協力店を募集しておりますが、これらの事業もただ単にポイントや割引サービスのみの提供ではなく、子供連れでも安心して入れる店、おむつ交換や授乳のできる店、ベビーカーでも邪魔にされない店など、積極的に街に出て子育てができる環境づくりに協力している店への表彰や補助金なども考え方としは在るのではないでしょうか?
「子育てするなら北区が一番」というキャッチフレーズは、まちづくりにも間違いなく当てはまるはずです。

少子化対策は、様々な角度から多面的に政策を打つことにより実現することであり、国家の危機、そして北区の危機として捉え取り組む問題です。

そこで質問です。
北区の考える「安心して生み育てる環境づくり」とは何か?
また今後行うべき政策は何か?
ご意見をお聞かせください。

二つ目は「一貫した保育・教育の体制」についてです。
幸いにして子供を授かり産み育てる段になり、女性が一番に悩む問題は子供の保育と教育です。現在の日本では学校教育法に基づく「幼稚園」と児童福祉法に基づく「保育所」があり、いままでそれぞれの設置目的に沿った特徴を活かして運営されてきました。しかし、幼稚園の預かり保育の拡大、保育所の教育面への期待が高まってきております。
こうした中で、就学前の教育・保育を一体として捉え、一貫して提供するとともに、子育ての不安に対する相談や親子の集いの場を提供するため、平成18年6月に「就学前の子供に関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律」により、「認定こども園」の制度ができました。全国的には保育所待機児童が増加する一方で幼稚園利用児童が減少しており、「認定こども園」には保育所待機児童解決策も求められているようです。

ただ「認定こども園」は、補助金が文部科学省と厚生労働省からそれぞれ支給されるため、許可や会計などの処理が複雑であり、幼稚園型、保育所型、幼保連携型など現在の於かれた地域の実情や環境からの移行による課題も多いことも認識しております。

改定された教育基本法に基づき国が初めて策定した「教育振興基本計画」(平成20年から24年度)では、幼児教育を受けられる機会の提供を推進し、計画の期間中に「認定こども園」を2000カ所以上になることを目指し、「幼保連携型認定こども園」への円滑な移行に向けた運用の改善や制度改革を、特に重点的に取り組むとしております。

そこで質問です。
北区は今後就学前の教育保育についてどのようにお考えか?
また小学校も含めた一貫した教育保育制度についてのお考えを聞かせください。


最後に「まちづくり」について2点質問します。
一点目は、「木造密集事業の成果と今後の課題」についてです。
ご案内の通り、北区では十条地域、志茂地域、西ヶ原地域と木造密集解消地域に指定されております。現在北区の行っている木密地域解消の動きを見ていると、このエリアから出た売り地を購入して、とりあえず公園として整備しているだけに見えます。また建て替えの建物についても、建築基準法と地区計画に沿うチェックだけで、本来しなければならない木密地域解消のためにこのエリアをどのような街にすべきか?という大きなマスタープラン・ビジョンを示していないように思います。
本気で木密地域解消を行うのであれば、まずまちづくりの要となる重要な敷地に開発を促し、住民に理想の解消策を示す必要があるはずです。そのためには建坪率容積率の変更や地区計画の見直しも必要です。
まず理想を示し住民の意識を変えることが必要です。
人はメリットがあるか、あるいは夢がなければ動きません。
是非、夢のある理想の街づくりを描いてください。

そこで質問です。
北区で取り組んでいる木密地域解消の成果と課題そして今後の対策計画をお聞かせください。


二つ目は、「十条西口開発と連続立体交差化」について
ご承知の通り、西口再開発準部組合が2007年に発足して、2008年には協力業者も決定しております。しかし残念ながらいまだ主要な地権者である3割の方々が準備組合に入っていない状況が続いております。これらの方々の理解と協力がなければ、まったく先に進まない現状があります。この7月には総会を控えており、自分たちの街を一緒に造りあげていくことへの合意と将来への不安をいかに取り除き、夢の持てる十条の街をどうつくるか?
北区として積極的にしっかりとしたビジョンを示すべきと考えます。

また踏切解消の連続立体交差化事業もこの西口開発と常にリンクしており、昨年の6月東京都議会において、連続立体交差化事業実現に向けて上位7つに指定され現実的な段階まできております。
これは、西口再開発への取り組みの成果であり、10億円基金創設による北区の本気度であり、さらには十条まちづくり協議会をはじめとする地元町会自治会住民の熱意の成果でもあります。

特にJRは社内の研究機関において、十条の6つの踏切解消エリアの全長1.5㎞を直上型なのか直下型なのかを検討して、東京都と協議する段階まできております。高架であり、地下化であっても、経費や経済的効果を考えると北区が周辺のまちづくりをどのように考えているかは、大きく影響してきます。まちづくりは住民主体といいながらも、北区はしっかりした展望を示す必要があるのではないでしょうか?

先ほどお話ししたとおり、このエリアは木造密集地域であり、十条銀座をはじめとする活気のある商店街があり、帝京・家政・成徳など多くの大学施設があり、さらには西が丘の国立スポーツ科学センターをなどスポーツ関連施設が集約している北区でも得意なエリアでもあります。
これらの様々な要因をいかに活かし、魅力ある街をつくることは北区の責任です。

そこで最後の質問です。
現在までの西口再開発の状況と今後の課題並びに、連続立体交差化事業を含めたこの十条地区の開発について、北区はどのようなまちづくりを目指しているのか? 区長のお考えをお聞かせください。


以上、環境問題、少子化対策、まちづくりについて大きく3点の質問を終わります。ご静聴ありがとうございました。
[PR]

ふるさと納税について〜三島視察  

ふるさと納税について三島市を視察。

20年度の実績 60件 321万8,001円
(静岡県内でも特質して成果がでている)

実績を上げるための方法
1,啓発周知の事業
市のホームページへ掲載
広報みしまに掲載
市長定例記者会見で取り組み内容を説明
報道機関への取材協力
職員や親族知人への協力依頼
市外から通勤している職員への協力依頼
市職員がプライベートの同窓会などに出席する際にチラシ配布の協力依頼

2,寄付者へのお礼
一万円未満の寄付者へ
私立公園楽寿園と三嶋大社宝物館の無料年間パスポート4名分
一万円以上の寄付者へ
私立公園楽寿園と三嶋大社宝物館の無料年間パスポート4名分
箱根西麓野菜(年2回、8月:三島馬鈴薯、12月:三島の特産野菜 約送料入れて2500円)

寄付者にはお礼状(報告)もしている。

3,寄付の使いみち
ふるさと納税寄付金は使途を限定して募った方がインパクトが強くなり集まりやすいと考えられますが、使途を限定することによって市としての裁量は小さくなるものと考えられます。
寄付金の使途を限定するかどうかは自治対の判断であるとしてます。

4,今後の課題
制度のマンネリ化の寄付金の減少対策
事業効果と費用対効果の検討
ふるさと納税制度の抜本的な見直し(予測不能な不安定財源)

ちなみに北区では20年度 一件 2万円のみ

寄付者へ野菜を送る特典をつけていることが大きく影響している。
地元の産物のPRにもなり、今後三島コロッケや三島ビール様々アイデアが出てきている。

やるからには積極的に取り組む職員のやる気が感じられる。

三島市ふるさと納税

ふるさと納税応援サイト

c0086433_15273837.jpg
c0086433_152869.jpg
c0086433_15285150.jpg

[PR]

谷内正太郎を講師に迎えて  

「NPO法人提言・提案の技法を勉強する集い」(佐久田昌明理事長)の定例講演会に参加。
今回の講師は日本国政府代表大使 谷内正太郎先生による「最近の外交課題」と題してお話しをいただいた。

国家は普遍的価値に裏付けられた「品格」と「志」がある国が生き残る!

谷内講師の「 日 本 の 外 交 戦 略 」講演要旨
1.新しいパワー・バランス
(1)金融危機と世界同時不況(2)単独行動主義とオーバーコミットメント−オバマ大統領の登場(3)一極構造から多極又は無極構造へ
2.麻生外交の特色
(1)戦略的外交−国益と国力(2)柔軟な現実主義−目的と手段(3)国際公益と国益の両立(ノープリス・オブリジェ)−普遍的価値の尊重
3.安倍政権以降の外交の流れ
・明治以降の「追い付き型」の外交から、責任ある大国としての「戦略的外交」へ
  cf.戦後日本の戦略的決断と基本外交方針
・アジア外交の再構築(安倍)→アジア外交と日米同盟の共鳴(福田)→戦略的外交(麻生)
4.戦略的外交の基本課題
・「外交センスのない国は滅びる」(吉田茂)
・日本外交の最重要課題:日本が自立し、発展するための国際環境を形成すること、すなわち、アジアの平和、安全、安定及び反映の確立/そのために関係大国(日、米、中、露、印及び韓国、豪州)が責任ある役割を果たすシステムを中長期的に構築すること
・(1)日本が関係大国と真正面から向き合って土俵の上で相撲をとることが肝要−引き分けの外交(51%の勝利)、(2)自由と繁栄の弧、(3)海洋国家ネットワークの構築
5.東アジア情勢の展望
(1)「新超大国」を目指す中国の台頭
・開放政策、急速な経済成長、格差・矛盾の拡大
・軍事大国化、国防費の増大、透明性
・求心力(経済発展、オリンピック)と遠心力(台湾、チベット、ウィグル)
・責任ある大国か、覇権国か?
・戦略的互恵関係
(2)苦悩する「唯一の超大国」たる米国の選択
・沈滞ムード、主役から脇役へ(?)→新大統領への大きな期待
・リップマン・ギャップ/ユニラテラリズム/アジア政策の不在
・グローバル・パワー:アジアのパートナーは中国か、日本か?
・巻き込まれる恐怖と見捨てられる恐怖
・日米同盟:21世紀の世界のビジョンを共有する戦略的パートナーシップ
・日米安保体制の強化(対等性と双務性の導入)
・日米FTAの検討
(3)「強いロシア」の「強い外交」
・エネルギー価格の高騰と「強い経済」
・ソ連回帰の懸念(チェチェン、グルジア、マスコミ対策、財閥対策等)
・欧米諸国との摩擦、対立/中国との潜在的対立→友は何処?
・明るい日露関係
(4)「第二の経済大国」たる日本の閉塞感
・「制約」の多い日本:安全保障(憲法)、政治(ねじれ現象、公務員たたき)、経済(景気、国際的役割)−逆リップマン・ギャップ
・国際的地位、国際的評価の低下?−対テロ特措法/海賊/アフガン支援
・内向き、後退、縮み志向か、あるいは積極外交、戦略的外交か?
(5)地域協力の推進
・ASEAN+3とEAS−普遍的価値観、インド(戦略的グローバル・パートナー)
・東アジア共同体
・自由と繁栄の弧
6.「外交は国力の頭脳である」(H. モーゲンソー)
▼マルチ外交
 (1)国連安全保障機能の向上−常任理メンバー、国際平和協力への貢献
 (2)世界第2位の経済大国としての役割と責任
  −金融危機、景気後退への対応、WTO及びラウンドでのリーダーシップ
 (3)環境−大量消費国、先進技術国としての日本のリーダーシップ
▼ミニラテラル外交(日中韓、日米中、日米豪、日米印等)
▼バイの外交

著書
「外交の戦略と志」
[PR]


カテゴリ

全体
すべてのカテゴリの記事を表示します
北区議会
北区議会に関する記事です
定例会報告
北区議会定例会に関するご報告です
委員会報告
北区議会委員会に関するご報告です
地域活動
椿くにじの地域活動に関する記事です
政務調査レポート
政務調査のご報告です
お知らせ
街頭演説や講演会等のお知らせです
その他
上記カテゴリ以外の記事です
未分類 カテゴリ未分類の記事です

北区議会記録はこちらから(椿くにじの発言一覧)
北区委員会記録はこちらから(椿くにじの発言一覧)
過去の地域活動はこちらから
過去の政務調査レポートはこちらから


ブログメニュー

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
北区自民だより(個人版) 椿くにじのプロフィール 椿くにじの政策 活動報告 北区政の課題 区政報告会