椿くにじ 公式ブログ まちづくりの即戦力

パラリンピック誘致で、やさしさとうるおいのあるまちづくりを!  

その名前のとおりパラリンピックは、「もう一つのオリンピック」という位置づけにある競技大会です。1960年ローマで始まった大会は、一時期中断はあったものの、開催国は引き続きパラリンピックを開催することが義務化され、2016年東京オリンピック招致が成功すれば、もちろんパラリンピックも開催されることになります。いまや障害をもつ競技者による世界最高峰のスポーツ大会へと発展し、障害者スポーツの高いレベルを誇る日本は、3年前のアテネ大会で17個の金メダルを獲得するなど、年々目覚しい活躍をする選手が増えています。ちなみにそのうちの一人、全盲マラソンの高橋勇市選手は北区在住で、荒川土手が休日の練習場です。
 さて、十条台にある「東京都障害者総合スポーツセンター」は、日本最大の障害者スポーツ専用施設で、競技選手をはじめ、なんと年間12万人以上の方が利用しています。昨年の夏には北区版総合型地域スポーツクラブ「北園クラブ」に呼びかけ「第一回 パラリンピックに挑戦しよう!」というイベントを開催しました。ここには障害者スポーツ指導員が数多く常駐し、高齢者向け介護予防や機能訓練などの新しいプログラムの開発や研究活動にも意欲的に挑戦しています。彼らの知識や経験もまた金メダル級で「誰もが、共にスポーツを楽しむ地域づくり」には、まちづくりや地域の活性化に活かせるノウハウがたくさんあるはずです。行政は既存の枠組みにとらわれることなく、地域の知的財産ともいうべき彼らの力を積極的に活用する努力をすべきだと私は考えています。
昨年末、アテネ大会走り幅跳び代表、佐藤真海さんと梅木小2年生の皆さんの素敵な交流会があったと伺いました。もし、10年後に東京パラリンピックが開催され、大人になった梅木小の子供たちが地域の人たちと一緒に「十条は世界で一番、人にやさしいまち」として世界中に発信することができたなら、どんなに素晴らしいことでしょうか。十条のまちには、大きな可能性があります。私は十条を世界に発信する日が来ることを信じて、「やさしさとうるおいのあるまちづくり」にまい進していく決意です。
[PR]
by tsubakik | 2007-04-14 01:24
<< 新しい風でやさしさと潤いのある... 十条銀座で「夜間対応型訪問介護... >>


カテゴリ

全体
すべてのカテゴリの記事を表示します
北区議会
北区議会に関する記事です
定例会報告
北区議会定例会に関するご報告です
委員会報告
北区議会委員会に関するご報告です
地域活動
椿くにじの地域活動に関する記事です
政務調査レポート
政務調査のご報告です
お知らせ
街頭演説や講演会等のお知らせです
その他
上記カテゴリ以外の記事です
未分類 カテゴリ未分類の記事です

北区議会記録はこちらから(椿くにじの発言一覧)
北区委員会記録はこちらから(椿くにじの発言一覧)
過去の地域活動はこちらから
過去の政務調査レポートはこちらから


ブログメニュー

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
北区自民だより(個人版) 椿くにじのプロフィール 椿くにじの政策 活動報告 北区政の課題 区政報告会