椿くにじ 公式ブログ まちづくりの即戦力

i-Miev電気自動車へ試乗視察  

車販売不振のなか、ホンダのハイブリッドカーインサイトの販売を受け、トヨタプリウスも新車の値段を下げますますハイブリッドカー市場が活気をていしている。そんななかさらなるエコカーとして販売が期待されている三菱の電気自動車「I-Miev」に試乗してきました。
「I-Miev」の開発担当と営業企画者にお話し伺いに三菱自動車本社を訪問してきました。

三菱自動車の電気自動車開発の歴史は古く、1966年から始まっている。しかし当初は鉛電池であり寿命が短く、重量も車体重量の半分にもなり実用的には厳しい状況であったようだ。1990年代後半から電池の開発が進みリチウムイオン電池になってから急速に開発が進むこととなる。

電気自動車のCO2排出量ではガソリン車の30%であり、国内で毎年販売されている乗用車の内150万台をCO2ゼロにすることに相当するほどの圧倒的なエコカーである。

ただ問題はコスト面であり現在販売価格が450万前後を予定している。そのうちガソリン車に比べてアップしているコストの半分を国の補助金でまかない、さらにその半分を地方の行政の補助金が充てられていけば実売230〜250万程度までとなり実用化も現実的になってくるとの予定である。
また充電設備であるインフラの整備のこれからの問題である。
家庭用コンセントでの充電時間は14時間、三相200Vで7時間、専用の高速充電では約30分である。設置場所としてコンビニの案もあるが、それ以上にコインパーキングやスーパーの方が滞在時間が長い分実用的である。

説明の後実際にレインボーブリッジを通ってお台場まで試乗させていただきました。
当初いだいていた電気自動車のイメージと違い、加速力が強く(トルク180)パワーがあり、車好きには魅力的な車である。
欲を言えばさらにインテリア的にもグレードアップしたバージョンもあると今すぐほしい車である。

今後行政や企業のイメージアップには魅力ある車であり、さらに普及して価格的にもインフラ的にも実用的になってくるこれからますます魅力的な車である。
c0086433_17374510.jpg

[PR]
by tsubakik | 2009-04-23 23:47
<< 長野オリンピック施設のその後・・・ 「宮城県立こども病院」視察 >>


カテゴリ

全体
すべてのカテゴリの記事を表示します
北区議会
北区議会に関する記事です
定例会報告
北区議会定例会に関するご報告です
委員会報告
北区議会委員会に関するご報告です
地域活動
椿くにじの地域活動に関する記事です
政務調査レポート
政務調査のご報告です
お知らせ
街頭演説や講演会等のお知らせです
その他
上記カテゴリ以外の記事です
未分類 カテゴリ未分類の記事です

北区議会記録はこちらから(椿くにじの発言一覧)
北区委員会記録はこちらから(椿くにじの発言一覧)
過去の地域活動はこちらから
過去の政務調査レポートはこちらから


ブログメニュー

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
北区自民だより(個人版) 椿くにじのプロフィール 椿くにじの政策 活動報告 北区政の課題 区政報告会